« 物忘れは認知症か! | トップページ | 賢い主婦のポイント利用! »

2019年7月20日 (土)

農水産物輸出拡大は!

農林水産物、食品の輸出拡大に向け、各国との交渉や衛生管理審査などの業務を一元化する新体制を来春にも発足させることを決めた。相手国の食品安全規制に迅速に対応し、交渉に機動性を持たせることが狙い。


 


 


政界的な和食ブームや環太平洋連携協定の発効を背景に、日本の農水産物輸出は好調を維持している。昨年は前年比12.4%増の9068億円を記録し、6年連続で過去最高を更新した。2019年1兆円達成が目標に。


 


 


新体制の発足は、こうした拡大傾向に弾みをつけることになろう。農水産物輸出が名実ともに成長戦略の核となることを期待したい。


 


 


農水産物の輸出に関わる実務は現在、各国との交渉は農水省が手がけ、衛生管理審査は厚労省が担うなど、省庁間にまたがっている。このため行政手続き上の問題で輸出が滞る事態もたびたび発生してきた。


 


 


産地の民間機関で安全審査ができるようにもする新体制は、こうした縦割り行政の弊害を打破し、自治体や農家と事業者との連携強化も促すはずだ。


 


 


福島県産を含む日本産食品の安全性は、厳しい検査を通して完全に保証されている。にもかかわらず、福島産への風評が海外で消えない現実をどう見るか。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 物忘れは認知症か! | トップページ | 賢い主婦のポイント利用! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 物忘れは認知症か! | トップページ | 賢い主婦のポイント利用! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス