« 驚異の粘りで! | トップページ | 村を宝を発掘! »

2019年7月13日 (土)

歩きスマホで事故増加!

呼び方を変えたほうがと思われるほど、ながらスマホが多い。スマートフォンの操作に没頭し、そのついでに歩いたりしてのが現実であるからだ。


 


研究者によるとスマホ利用時の視界は、通常の20分の1程度まで落ちるというほとんど見えていないに等しいことになる。


 


例えば、歩きスマホの当人は事故を起こすリスクを抱えて歩いている自覚はない。なぜ彼らが人と接触しないで済むのか。


 


それは周囲の人がぶつからないように、避けているだけだとの見立てもある。先週、一つの事件で有罪判決が言い渡された。


 


スマホを操作しながら電動自転車を運転していた若い女性が歩行者にぶつかり死亡させた事件である。


 


この女性は、左耳にイヤホンをして音楽を聴き、飲み物を持った右手でハンドルを握り、左手でスマホを操作していた。


 


やり取りを終えてポケットにスマホをしまう際に事故を起こした。ながらスマホの背景には、インターネットを使ったゲームの広がりも関係する。


 


何かをしながらスマホを操作するほど人間は起用じゃない。立ち止まるか、少し待てばよい。このままでは依存症に分類される日も遠くないかも。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 驚異の粘りで! | トップページ | 村を宝を発掘! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 驚異の粘りで! | トップページ | 村を宝を発掘! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス