« 記録的大雨が! | トップページ | 女性医師の働きやすい環境は! »

2019年7月 6日 (土)

早期発見こそが!

その人は日本人初のノーベル賞だったかもしれない。世界で初めてガンを人工的に発生させた山極勝三郎。


 


長野県上田市出身の病理学者だ。長男・長女を亡くし、自身も重い肺結核に。それでもガン発生の原因を探り続けた。


 


市川厚一氏という無二の助手を得て、ガンをつくる実験が本格化。一人で実験を始めてから約8年後の1915年ウサギの耳にガンをつくることに成功した。


 


1926年ノーベル生理学・医学賞は、人工ガンを山極氏より先につくったデンマークのフィビゲル氏が受賞した。


 


最終段階まで候補だった山極氏は選ばれなかった。しかし、後年フィビゲル氏の実験は誤りだったと判明した。


 


友人がガンの宣告を受けたのは、2011年3月だ。ステージ4の悪性リンパ腫だった。発見のきっかけは健康診断。これがなかったら手遅れだっただろう。


 


治療終了からまもなく6年。これまで無事だが、再発の可能性はある。日本人の2人に1人はガンになる。


 


命を守るには検診を受け、早期に発見することが何よりも大事だ。乳がん、子宮頸ガン検診の無料クーポンなどを利用しよう。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 記録的大雨が! | トップページ | 女性医師の働きやすい環境は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 記録的大雨が! | トップページ | 女性医師の働きやすい環境は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス