« 人と直接会わなくても! | トップページ | 天竜の天竜杉の美林! »

2019年7月 5日 (金)

迎えてる第4次産業革命は!

今、世界は第4次産業革命を迎えたといわれている。蒸気機関、電力、ITが科学技術イノベーションを先導した時代を経て、技術開発に向けた競争は激しさを。


 


新時代を先取りできるかどうかは、今後の日本の針路に大きく影響するからだところがその担い手である理工系の人材が不足している。


 


子どもの頃からの、算数嫌い、理科嫌いに始まり、大学では理系離れの傾向が続いている。このままでは国際競争から取り残される恐れがある。


 


このため経済産業省と文部科学省は、産業界、教育機関、政府が協力して取り組むべき行動計画を取りまとめた。


 


具体策としては、面白い理科の実験ができる教員を増やす。企業が理工系人材に求める能力を分野ごとに見える化する。


 


産学共同研究に参加した博士課程の学生を経済的に支援するなどが並んだ。理科離れ、量と質の両面から人材育成を進める狙いが明確である。


 


日本でイノベーションが起きにくい理由として指摘されるのが、出る杭は打たれるという風土だ。大企業ほど既存の成功モデルから脱却できず、新たな挑戦に及び腰となる傾向にある。


 


起業をめざす人と支援者を結びつける場を設けたり、成功事例を発信するなど起業のハードルを下げる工夫も重要になる。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 人と直接会わなくても! | トップページ | 天竜の天竜杉の美林! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人と直接会わなくても! | トップページ | 天竜の天竜杉の美林! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス