« 水素の利用拡大は! | トップページ | 人と直接会わなくても! »

2019年7月 4日 (木)

海外での病気になった時は!

海外旅行で困ることは、子どもが急病になり心細い思いをしたこと。これが言葉も十分に通じないないからことさらだ。

 

日本を訪れる外国人客は増加を続け、今や年間2500万人を超える勢いだ。医療サービス提供について調査結果が公表された。

 

全国の救急病院などに2015年実績をたずねたところ、8割で外来、6割で入院の外国人患者を受け入れていた。

 

そのうち6割強では、日本語でのコミュニケーションが難しい患者を受け入れた経験がある。

 

その半数以上に英語で対応し、仕方なく日本語で対応したところも3割弱ある。医療通訳者を配置している医療機関は15%に過ぎない。

 

他は、医師、看護師や事務職員がなんとか対応しているのが実態で、6割が医療通訳の導入についての公的な支援を求めている。

 

こうした状況を地方自治体の8割以上が把握していない。医療機関から以来を受ける医療通訳サービス事業者からは、専門職として認識されていない。

 

そのため職業としての医療通訳が成り立たず、人材の確保が難しいとの嘆きの声がもれる。医療通訳には、専門性が求められる。症状と医師の診断を正確に伝えなければならない。

 

安心の医療を外国人に提供できる体制づくりのために、医療通訳の育成と支援充実が急がれる。

 

                がんばろう!日本

 

 

 

◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、

 

   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。

 

◎ これからのリーダーはトリリンガル。

 

  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、

 

  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)

 

 

◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム

 

  2、 オンラインで学ぶ

 

  3、 親子で学ぶ

 

◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。

 

◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏

 

  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。

 

 

◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ

 

 

 

 

 

 

« 水素の利用拡大は! | トップページ | 人と直接会わなくても! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水素の利用拡大は! | トップページ | 人と直接会わなくても! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス