« バトンリレーは企業でも! | トップページ | 何でも食べなさい! »

2019年7月22日 (月)

夏休みと読書は!

子どもたち待望の夏休みが始まった。屈託に笑顔が弾けるこの季節。いつにも増して子どもたちに優しく温かい眼差しを注ぎその成長を祈る日々を送り続ける。


 


 


子どもたちにとって夏休みは、学校生活だけでは習得し得ない、生きた知識を学ぶチャンスである。キャンプや海水浴、昆虫採集など地域を越えた出会いや自然との触れないを通して新しい世界を発見し、その感動を小さな命に刻んでいく。


 


 


そんな場を一つでも多く用意してあげること。これこそ夏休み中の親たちの宿題といっていいだろう。何も難しく考える必要はない。お金をかけずとも子どもたちの魂を揺さぶる場を作ってあげることはできる。


 


 


一冊の良書の提供だ。活字文化がなければ漆黒の闇は続くと叫んだ19世紀フランス文豪、ビクトル・ユーゴーら古今東西の哲人の指摘を待つまでもなく、読書は単に知識を与えてくれるだけでない。


 


 


想像力や思考力、人間性や感受性など豊かな精神性も養ってくれる。況や、少年少女時代の読書体験は、その後の人格形成に大きく寄与する。


 


 


やがて大人となり、現実社会の矛盾や困難にぶつかった時にも、忘れ得ぬ一冊を胸中に持つ彼と彼女なら、その壁を悠然と越えていけるに違いない。


 


 


宿題として自由研究や読書感想文を利用する。親子一緒に声を出して読みあうも良し。あの手この手を尽くし、この夏休みわが子を本の世界に導く努力を惜しまないでほしい。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« バトンリレーは企業でも! | トップページ | 何でも食べなさい! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バトンリレーは企業でも! | トップページ | 何でも食べなさい! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス