« 外国人と日本語教育は! | トップページ | 職場でのいじめに! »

2019年7月 7日 (日)

甘い言葉にのせられて!

職場で雇い主や上司から虐待を受けた障がい者が、平成29年度は過去最多になったことが厚労省の調べで分かった。


 


賃金未払いや暴言、暴行などが虐待の事例だ。このニュースを聞いた。軽度の知的障がいがある20代の女性をめぐる職場での出来事。


 


知人は、女性とは異なる部署で挨拶を交わす程度だったが、わが子と同世代の彼女が気になった。


 


入社後しばらくして彼女の表情がくもってきた。どうやらその部署で先輩からいじめられている様子だった。


 


ミスでも出したのか、彼女の母親が職場にきて頭を下げる場面を目撃したこともあった。家族で娘を支える姿は美しいと陰ながら応援していた。


 


だが、気付けばいつしか彼女の姿が見えなくなり職場を去ったことを後から知った。温かく育てればいいのにと残念がった知人。障がい者に厳しい就労の現実


 


先日は、障がい者への差別をなくすことを促進する立場にある中央省庁が法律で義務付けられている障がい者の雇用率を水増ししていたのだった。


 


共生、差別をなくすと言っても巧言令色、口先だけでうまいことを言ったり上辺だけとりつくろったりすること、では困る。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 外国人と日本語教育は! | トップページ | 職場でのいじめに! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外国人と日本語教育は! | トップページ | 職場でのいじめに! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス