« ロボットを見る目が輝く! | トップページ | 四十にて惑わず! »

2019年7月27日 (土)

ペニシリンは91年前に発見!

世界初の抗生物質であるペニシリンがアレクサンダー・フレミング博士によって発見されたのは、91年前の1928年。


 


医療用として実用化されるまでにはなお10年以上を要したが、この功績で同博士はノーベル生理学・医学賞を受賞。


 


以降、多くの抗生物質が医療現場に提供される礎を築いた。だが、細菌の増殖を抑える抗菌薬は、例えば、ウイルスが原因の風邪には効果がなにい。


 


そればかりか誤って多用すると、薬が効かなくなる薬剤耐性菌の増加につながってしまう。


 


鹿児島と静岡の病院で先月、耐性菌に感染した患者計10人の死亡が明らかになったことは記憶に新しい。


 


にもかかわらず、44%の人が抗菌薬は風邪やインフルエンザに効くと誤解し、3人に1人が風邪に抗菌薬を処方するのを、良い医師と思っている。


 


国立国際医療研究センターの調べで分かったと先ごろ報じられた。こうした患者側の求めに応じて、6割の医師が抗菌薬を処方していたとの別の調査結果も。


 


抗菌薬の乱用対策がとられずに耐性菌がこのまま増えていけば、2050年には世界で年1000万人の死亡が想定されるという。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« ロボットを見る目が輝く! | トップページ | 四十にて惑わず! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロボットを見る目が輝く! | トップページ | 四十にて惑わず! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス