« 人口減少と自治体は! | トップページ | 電池が古くなったら! »

2019年7月16日 (火)

新相続法スタートは!

7月1日から新しい相続法がスタートした。高齢社会への対応が目的であり、相続のルールが大きく変わる。とりわけ、遺された高齢の配偶者の生活を守るためのさまざまなルールが導入された。


 


 


相続法とは、民法の相続編のことで、1980年以来約40年ぶりの大改正となった。この間、高齢化に伴い相続の実情は大きく変化した。


 


 


例えば、遺された高齢の配偶者の終いの棲家をどう確保するかに関心が高まり、また、亡くなった親の介護を無償でしてきた親族が、相続人ではなくても、その献身に報いるための制度の必要性。


 


 


自宅の生前贈与に関するルール。20年以上連れ添った夫婦に限られるが、生前贈与された自宅は相続財産として扱う必要がなくなった。


 


 


例えば、資産として現金4000万円を持つ夫が妻に自宅を生前贈与をした場合、以前は自宅も相続財産として計算され、自宅の評価額を2000万円として計6000万円を妻と子で2分の1ずつ分割した。


 


 


妻の相続は3000万円になるが、すでに2000万円の自宅をもらっているため、現金は1000万円だけだ。しかし、自宅が相続財産でなくなると、現金4000万円を妻と子で分けるため妻は自宅を2000万円を受け取れる。


 


 


このほか、新相続法は多くの新制度がある。来年4月開始の配偶者居住権もその一つだ。これで自宅を生前贈与されなくても、相続開始時に住んでいれば、終身、無償でしようできるようになる。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 人口減少と自治体は! | トップページ | 電池が古くなったら! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人口減少と自治体は! | トップページ | 電池が古くなったら! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス