« 188消費者ホットラインを! | トップページ | 海外での病気になった時は! »

2019年7月 4日 (木)

水素の利用拡大は!

地球温暖化の原因となっている二酸化炭素CO2の排出量を減らし、脱炭素社会を実現するための切り札は、水素であると云っても過言ではない。水素は酸素と化合して水になるときに電機を発生するがCO2を一切排出しないからだ。


 


 


日本が初めて議長国となり、開催されたG20首脳会議で採択された大阪宣言には、環境に優しいクリーンな新エネルギー源としての水素の重要性を確認する文言が盛り込まれた。


 


 


国際エネルギー機関IEAが先月14日水素に関する初の報告書を公表し、水素が脱炭素社会の実現に大きく貢献するとの見解を示したことが注目されたためである。


 


 


日本の経済産業省と米エネルギー省、欧州委員会エネルギー総局は、先月15日水素分野での3カ国地域の協力を盛り込んだ共同宣言を出した。サウジアラビアやオーストラリアとも連携し、水素の利用拡大を進めることにしている。


 


 


水素を太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及に役立てる技術開発が重要である。再エネは、日射の強弱や風速の変化など天候の影響を受け、発電出力が変動する。


 


 


そのため、再エネを有効に活用するには、余剰電力を貯蔵し電力が必要な時に供給できる技術の確立が不可欠だ。注目されているのが、再エネで発電した電力を水素ガスに転換貯蔵するパワー・トウ・ガスという技術である。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 188消費者ホットラインを! | トップページ | 海外での病気になった時は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 188消費者ホットラインを! | トップページ | 海外での病気になった時は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス