« 集中型供給体制のもろさ! | トップページ | ギバーとは人に惜しみなく与える! »

2019年7月29日 (月)

災害時の情報過多!

1年後の東京五輪にむけて、新国立競技場など関係施設の整備が急ピッチで進んでいる。大会を支えるボランティアの募集も本格的に始まっている。


 


開催準備は大詰めを迎えてきた。一方、心配な課題も残されている。大会期間中の暑さや交通機関の混雑。


 


そして災害時の外国人への対応だ。今年6月の大阪府北部地震以降、日本列島は地震、台風など相次ぐ災害に見舞われた。


 


いずれも交通機関に大きな影響を与え、駅や空港で足止めされる外国人観光客が少なくなかった。


 


慣れない異国の地で災害に遭遇したことに加え、情報の不足が不安を増幅した外国人観光客からは、日本語だけの掲示だけでは読むことができない。


 


ネットで探しても、情報を何処で得られるのか分からなかったなど、困難や不満の声が聞かれた。


 


実際には自治体などの手で、外国人向けの情報発信も行われている。だが、残念ながら外国人旅行者には存在がほとんど知られていない。


 


情報にたどり着けないのが実情。情報発信のあり方とともに、いかに周知するかが課題だ。外国人観光客を情報難民にさせないことも、大切なおもてなしだ。


 


                がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 集中型供給体制のもろさ! | トップページ | ギバーとは人に惜しみなく与える! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 集中型供給体制のもろさ! | トップページ | ギバーとは人に惜しみなく与える! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス