« クローンと再生! | トップページ | 農水産物輸出拡大は! »

2019年7月20日 (土)

物忘れは認知症か!

高校時代の同窓会の機会があった。若き日を共に謳歌した仲間たちも、すでに50代後半になっていた。


 


最近、とっさに人の名前が出てこない。カギや財布をうっかりどこかに置いて、探すことが多いなどと、物忘れを嘆く声が相次いだ。


 


これは認知症の始まりなのかと不安も頭をかすめる。そこで、医師をしている別の友人に尋ねたら、それは加齢に伴う物忘れで、誰でも仕方ないことだという。


 


一般的な物忘れと認知症は別物で、きのう夕飯に何を食べたか思い出せないのは普通の物忘れだ。


 


食べた直後なのに、食事をしたこと自体を思い出せないのが認知症の症状だと説明され、ひと安心した。


 


しかし、将来に認知症にならないという保証はどこにもない。認知症を防ぐには生活習慣の改善が大事だといわれる。


 


食べ過ぎや運動不足をなくし、十分な睡眠をとることが、リスク低下につながる最近では、脳を若く保つトレーニング法も多く紹介されている。


 


健脳エクササイズの長野氏は、例えば、その場歩きをしながら同時に単純計算をしたり、文章を音読することも脳の活性化に効果があるそうだ。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« クローンと再生! | トップページ | 農水産物輸出拡大は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クローンと再生! | トップページ | 農水産物輸出拡大は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス