« 中学生高校生のネット依存は! | トップページ | 考え方が違っていた! »

2019年7月14日 (日)

どこまでバリアフリー化か!

駅舎内はバリアフリー化されたが、駅から公共施設を結ぶ道路には多くの段差が残っている。バリアフリーの街づくりに多くの自治体が共有している。


 


歩道の点字ブロックが途中で切れ、めざす建物内に行くことができない。解決の一手となるのがバリアフリー基本構想だ。


 


駅周辺をはじめ、高齢者や障がい者らが利用する公共施設などの集積地域を市区町村が重点整備地区に指定。


 


歩道の段差解消や建物内のエレベーター設置、公園や信号機の整備などバリアフリー化を一体的に進めていく。


 


市区町村に作成義務はないが、高齢化が加速する中で、移動しやすい環境の実現が求められている。


 


基本構想を作成したのは全1741市区町村のうち、17年3月末時点で294市区町村と2割に満たない。


 


そこでバリアフリー法の改正を検討。重点整備地区の面積や対象施設数といった要件の緩和などにより市区町村の労力を軽減する方向だ。


 


地域の住民やNPOなどが基本構想について市区町村に提案できる仕組みが現行制度にある。


 


               がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 中学生高校生のネット依存は! | トップページ | 考え方が違っていた! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学生高校生のネット依存は! | トップページ | 考え方が違っていた! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス