« あの金融パニックから10年! | トップページ | 東京五輪あと1年に! »

2019年7月26日 (金)

受験が最初の試練か!

人生での最初の試練が誰もが受ける受験である。合格すると喜びが倍増するが、不合格の場合、彼はその結果を1秒たりとも頭から離れませんでしたと。


 


彼は、深く落ち込んだが、目標を果たせずとも目的は見失わなかった。世界平和に貢献するという大きな目的を持っていた。


 


どうせ苦労するなら、誰よりも苦労しようと決意した。受験校は落ちたが、他校で高校生活を送っていた。午前6時に登校し誰もいない教室の電気をつけ、掃除をしてから勉強に励んだ。


 


甲子園で熱戦が続いた高校野球は、予選参加校3957校のうち、全国の頂点をつかむのは、1校のみだけである。


 


全てトーナメント方式だから、1試合で1校ずつ、計3956校の敗者が生まれる。甲子園に恋焦がれ努力に努力を重ねて、それでもなお叶わない。


 


涙を枯らしても、胸の奥に残る「宝」とは何か。大会は、1試合1試合が人生を学ぶ儀式といえなくもない。


 


そこが、日本人の機微に触れる。勝者であり続けることは難しい。しかし、賢者になることは誰にもでもできる。


 


愚かな人は、すぐに諦める。賢き人は、絶対に諦めない。逃げない。退かない。そんな挑戦をやめない青春に、、勝利の冠は輝くだろう。


 


             がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« あの金融パニックから10年! | トップページ | 東京五輪あと1年に! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの金融パニックから10年! | トップページ | 東京五輪あと1年に! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス