« ギバーとは人に惜しみなく与える! | トップページ | 子どもが大人を負かす! »

2019年7月30日 (火)

安心して生活ができる!

町内会で毎年恒例の清掃活動。作業を終え公園の一角に集合し、役員が挨拶実は、妻が認知症になりまして、老夫婦2人世帯。


 


奥さんの状況を参加者に伝え、協力を求めた。人ごととは思えず聞き入る。認知症高齢者は2012年で推計約462万人。


 


団塊の世代が75歳以上になる25年に700万人前後へ急増するという。千葉県の人口約625万人を上回る。


 


根治薬が開発されないと、社会的な影響がさらに深刻になる恐れがある。当面の課題の一つが認知症による徘徊への対応だ。


 


本人の命にかかわるだけでなく、鉄道の運休などをもたらす事故にもなりかねない。昨年の行方不明者のうち、認知症かその疑いのあるのは1万5432人。


 


前年に比べ26%も増えている。残念なことに昨年中、191人の所在が確認できなかった。早期発見をめざし全国の自治体や警察はGPSを使い対策を実施。


 


徘徊中の事故で高額の損害賠償を求められる場合に備え、民間保険の活用に踏み切る自治体も出てきた。


 


まずは、近隣住民で見守りを心がけるところから始めたい。認知症になっても、安心して暮らせる地域にしたいものだ。


 


              がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« ギバーとは人に惜しみなく与える! | トップページ | 子どもが大人を負かす! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ギバーとは人に惜しみなく与える! | トップページ | 子どもが大人を負かす! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス