« 南海トラフの予測は! | トップページ | 声を発して本を読む! »

2019年7月18日 (木)

高齢運転者の事故は!

高齢者の運転する車が市街地を暴走するなどして、歩行者が犠牲になる痛ましい事故が各地で相次いでいる。その多くがアクセルとブレーキの踏み間違いに起因したものであり、ここに焦点を当てた対策を急ぐべきだ。


 


 


国交省は国内の自動車大手8社に対して、ブレーキと誤ってアクセルを踏み込んだ際の急加速を防ぐ機能を搭載した、後付け可能な安全運転支援装置の開発を要請した。


 


 


現在、そうした装置を販売しているのは2社しかない。高齢運転者による交通事故の防止は待ったなしであるとの危機感を持って、8社全てが開発を加速すべきである。


 


 


新車に限っていえば、歩行者などの接近を感知してブレーキが自動で作動する、自動ブレーキを搭載した車は、現在8割近くに上る。しかし、販売済みのうち新車に置き換わっているのは年間で450~500万台ほど。


 


 


販売済み自動車の半数が自動ブレーキを搭載した新車に入れ替わるには、10年近くかかるという試算もある。また高齢者の運転を、自動ブレーキなどを搭載した車に限定する、限定免許の検討を進める必要がある。


 


 


高齢者に運転免許の自主返納を促そうにも、マイカーなしでの生活は困難であるという地域が多い実情にも目を向ける必要がある。事故防止のための新技術の開発に自動車メーカーは全力を注ぐべきだ。


 


 


                       がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 南海トラフの予測は! | トップページ | 声を発して本を読む! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南海トラフの予測は! | トップページ | 声を発して本を読む! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス