« 考え方が違っていた! | トップページ | 人口減少と自治体は! »

2019年7月15日 (月)

在宅医療を望む人が増える!

最近は病院で亡くなるのが当たり前のようになっている。だが、住み慣れた自宅で逝きたいと、願っている人は、55歳以上の男女の半数に上るという。


 


しかし、自宅で最期を迎える、在宅死の割合は、死亡者全体の約12%に過ぎず、年々低下している。


 


願望と現実に大きな差が生じている理由の一つは、自宅で医療を受ける在宅医療の体制が不十分なことにある。


 


団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年には、在宅医療で療養する高齢者が現在より30万人以上増えると予想される。


 


超高齢化社会に続き多死社会が到来するといわれる中、医療機関だけでは高齢患者の受け入れに限界があるだけに、在宅医療の体制整備は喫緊の課題


 


全国在宅医療会議で議論を開始した。訪問診医の増加である。訪問診療は一部の医師らが先駆的に取り込んできた段階だ。


 


訪問看護サービスも在宅医療では重要な役割を担うが、十分な普及している状況とはいえない。担い手不足がある。


 


在宅医療は利用する家族の心情への配慮も必要だろう。超高齢化社会に伴って重みが増している在宅医療。その普及においては自宅での、みとりに対する家族の不安解消という視点も不可欠である。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 考え方が違っていた! | トップページ | 人口減少と自治体は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 考え方が違っていた! | トップページ | 人口減少と自治体は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス