« 専門医を育成へ! | トップページ | ふるさと納税の姿! »

2019年7月 9日 (火)

再生可能エネルギーになるか風力発電!

海上に設置した風車が強い風を受けて電力を生み出す洋上風力発電。国土面積こそ狭いが、四方を広大な海で囲まれている日本は、洋上風力発電に敵地


 


第5次エネルギー基本計画で、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを、主力電源化するとの方針を初めて示した。


 


重点的に導入を推進する対象の一つとして、洋上風力発電を挙げた。現在進められている洋上風力発電の技術開発だ。


 


特に共同で開発している台船型の浮体式洋上風力発電に注目。今月10日に実証機が公開され、9月から試運転を始める。


 


浮体式は釣りのウキに近い形状で、上部が海面から顔を出し、下部が海中に沈む。いかりなどで係留し、流されないようにしている。


 


深い海でも設置可能だが、莫大な建設費用がかかる。なぜなら、世界的に商用化が進んでいる浮体式は、高さ全長200メートル近い巨大な建造物だからだ。


 


20階建て超高層ビル60メートルの3倍になる。設置には100メートル以上の水深が必要だ。このため浮体式の小型化が欠かせない。


 


公開された浮体式は、全長約80メートル。従来のウキのような形とは異なり、ドーナツ型の小型浮体構造物に風車を設置している。50メートル程度の水深でも設置可能で、風速毎秒51メートルの台風にも耐えられる。


 


              がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 専門医を育成へ! | トップページ | ふるさと納税の姿! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 専門医を育成へ! | トップページ | ふるさと納税の姿! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス