« 健康は第一の富だ! | トップページ | どこまでバリアフリー化か! »

2019年7月14日 (日)

中学生高校生のネット依存は!

インターネットに夢中になりすぎてやめられない。深刻化する中学生・高校生のネット依存に的確な手だてを打たねばならない。


 


中高生の1割超がネット依存の疑いがあるとの衝撃的な調査結果を発表した。病的なネット依存が中高生はほぼ倍増し、93万人に達すると推計している。


 


中高生がネットに依存すると、学校の遅刻や睡眠不足、学力低下、引き子守りなどを招き、日常生活に支障を来すケースが少なくない。


 


強い依存が疑われる病的使用者は、中学生で12.4%、高校生で16%に上ることが分かった。いずれも急増しており看過できない。


 


背景には、スマートフォンの急速な普及に加え、ラインなどの会員制交流サイトやネットを通じたゲームが広まっていることが大きい。


 


世界保健機関は、ゲームをやめられずに生活が困難になる状態をゲーム障害として、疾患の一種にする方針だ。


 


ネット依存の治療部門を持つ国立病院機構久里浜医療センターは、ネットから隔離して生活させる入院治療などを行っている。


 


同センターは、親が子どもにスマホやパソコンを与える際の注意点として、買う前に親子でルールを作り書面に残す。端末は子ども部屋に持ち込まない。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 健康は第一の富だ! | トップページ | どこまでバリアフリー化か! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康は第一の富だ! | トップページ | どこまでバリアフリー化か! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス