« 信金の地域における貢献度! | トップページ | 酒に強い人は! »

2019年7月12日 (金)

ガンが見落とされることが!

治療法や検査技術の向上により、ガン患者の生存率が高まる一方で、ガンが見落とされ必要な治療が受けられずに患者が死亡する事故が相次いでいる。


 


千葉大学医学部付属病院は、今年6月9人の患者のガンを見落とし、うち2人が死亡したことを明らかにした。


 


昨年も東京慈恵会医科大学付属病院や横浜市立大学付属市民総合医療センターで同様のミスが発覚している。


 


いずれのケースもコンピューター断層撮影CTによる画像診断で病変を見逃したことが原因だ。なぜ見落としが起きるのか。


 


先月、日本医学放射学会は、情報量の増加に医療側が追いついていないとの見解を発表した。CTは一度に数百枚の画像を撮影できるほど機能が向上。


 


枚数が多いほど主治医は撮影目的の臓器に注力し、他の部位にまで注意が及ばない傾向があるという。


 


防ぐ手立ての一つに画像診断報告書がある。CT検査を担う放射線科医がガンの恐れがある部位などをまとめたものだ。


 


報告書をつくるには時間がかかる。その間に画像だけが主治医に届けられ、後から届いた報告書が十分に確認されないことがあり、これが見落としにつながっている。


 


                   がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 信金の地域における貢献度! | トップページ | 酒に強い人は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信金の地域における貢献度! | トップページ | 酒に強い人は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス