« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月25日 (日)

免許の返納か継続か!

障害物を察知して自動的にブレーキをかけたり、ブレーキとアクセルを間違えて踏んだ場合の加速を抑制する。こうした安全運転支援装置を備えた自動車に限定した高齢者向け運転免許の創設に向けて準備が進められている。


 


 


高齢者の運転中にペダルの踏み間違いによって、重大な交通事故が多発したことがきっかけとなった。このような免許が導入されたら取得するかと65歳以上の人に尋ねたら、ほぼ半数が取得すると答えた。


 


 


一方、定額タクシーや相乗りタクシーが普及したら免許を返納するかどうか聞いたとろこ、約6割が返納したいと答えた。自動車免許は持っていたい。


 


 


でも、便利なタクシーが普及するならば免許を手放してもよい。自動車が生活の足として欠かせないものになっている実態が見えてくる。


 


 


実はペダル踏み間違いの頻度は、あまり年齢には関係ない。高齢者に事故が多いのは、間違って踏んだことを素早く認知してブレーキを踏むことが出来ないからだという。


 


 


新免許制度は、これまでの免許の継続か返納かという二者択一ではなく、運転を継続できる新しい選択肢を提供する試みでもあろう。高齢化の余波をどのように受け止め制度化するのか、それが問われている。


 


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ハート・プラスマークを知ってる!

人の胸の上に描かれたハートに+プラスを記した、ハート・プラスマーク。日常生活において困難を抱えながらも見た目からは分かりづらい内部障がいを示す。


 


そんなシンボルマークである。いまでは、よく見かけるこのマーク。普及のきっかけとなったのは、青森市に暮らす一人の内部障がい者の声だった。


 


電車の優先席に座ると冷たい視線を浴びたり、職場でも配慮されず、きつい仕事を任されたとの体験を市議に打ち明けたのは13年まえのこと。


 


この声は、すぐさま市議から県議へと伝わった。さらに県議の仲介で内部障がい・内臓疾患者の暮らしについて考えるハート・プラスの会と懇談会を開催。


 


そして2005年2月、衆院予算委員会でハート・プラスマークが描かれたパネルを掲げながら、内部障がいに苦しむ人たちの窮状を訴えた。


 


一方、全国の議員が地方議会で内部障がいを相次いで質問。内部障がいへの理解とマークの普及が大きく進んだ。


 


国と地方議員のネットワークの力で生まれた実績である。これこそが政党政治の本髄であろう。


 


他の政党でも真似できないか。いやみやくさすことだけで議論が前に進まない政治では国民からは離れていくだけだろう。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

引きこもりも高齢化に!

15~39歳の引きこもりの人が、全国で推計54万1千人に上ることが内閣府の調査で判明した。特効薬はないものの何とか自立できる道を開きたい。


 


2010年の調査に比べ約15万減ったが、依然50万人超の高水準だ。引きこもりの人とその家族を支え、社会復帰を後押しする取り組みが求められている。


 


今回の調査で注目すべきは、引きこもりの長期化、高年齢化が顕著になったことだ。引きこもり期間については、7年以上が34.7%と最も多い。


 


1~3年が前回より長期化の傾向にある。引きこもりになった年齢は20~24歳が34.7%と最も多かったものの、35~39歳が10.2%と倍増している。


 


引きこもりは、長期化するほど解決が難しくなるとされる。本人が引きこもり生活に慣れてしまうからだ。


 


また、引きこもりの子どもが高年齢化するに従って、親も高齢になると子どもと向き合う気力、体力がどうしても衰えてしまう。


 


その後、親が亡くなった後の子どもの生活維持も大きな課題である。初期段階における対策をはじめ、長期化、高年齢化といった傾向も考慮しなければ。


 


期待したいのが、外に出たくないという人に対してアウトリーチ訪問支援を行なう、引きこもりサポーターだ。継続的に訪問して本人と家族を支えていく。


 


              がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年8月15日 (木)

二人の建築家の巨匠!

日本建築家の中に、東の丹下、西の村野と呼ばれる人がいる。建築家丹下健三、建築家村野藤吾を並び称する際の言い回しだ丹下は、大学卒業後に銀座の建築事務所に入り、村野は、大阪の設計事務所に就職した。


 


 


二人とも生まれは西日本。丹下が大阪府堺市、村野は佐賀県唐津市だ。業績は全国に及び、ことに丹下は海外でも活躍した。村野は90歳を超えても創作欲は衰えなかったと云う。


 


 


東西で対置させるのは一つの文化なのか。ただ、丹下には今も人々の心を捉えて離さぬ建築物がある。6日に広島、9日に長崎で、74回目の原爆の日を迎えた。


 


 


実は、広島の式典会場の平和記念公園こそ、単なる記念碑を建設しても忘れられると、訴えた丹下の設計案によるものだった丹下は、北側の原爆ドームに照準を合わせた。


 


南北に基準線を引き、線上に祈りの場、広場、建築群を配し、建築群は基準線と直交する東西方向に配列した。原爆ドームと向き合わせた。その構想力に驚く。


 


 


村野が手がけた世界平和祈念聖堂は、丹下の原爆資料館と同様、重要文化指定を受けている。平和を創り出すための実践的な機能。生かすのは人である。


 


 


                      がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

糖尿病患者が増加!

2016年に糖尿病が強く疑われる人が、推計で1000万人に上ったことが厚労省の調査で明らかになった。


 


糖尿病患者の推計は、高齢化などを背景に初の1000万人の大台に乗った。国民病といわれる糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気だ。


 


放置すると腎不全を発祥して透析治療に至ったり、失明や脳卒中などを引き起こし、生活に重大な支障を生じさせる恐れがある。


 


尿病の悪化を防ぐには、定期的な健康診断の受診と、日々の生活習慣の見直しが第一である。


 


主に中高年以降の発祥が多いが、予防には若年時からの生活習慣が大切だ。栄養バランスの良い食事や適度な運動。これらの継続的な実践が望ましい。


 


今回の厚労省の調査で糖尿病の可能性が否定できない予備軍が、07年ピークに減少傾向にあることが判明した。


 


08年度からスタートした特定健康診査などが背景にあると見られ、受診勧奨の重要性が照明されたと。


 


一方で、糖尿病の疑いが強くても約4人に1人が治療を受けていない現状も分かった。重篤な疾患につながる危険性の啓発に、力を入れすぎるということはない。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

子どもは親を選ぶことができない!

最近、児童虐待事件が、後を絶たない。最近も、7歳の長男を死亡させたとして、両親が逮捕された。最悪の事態を避けることはできなかったのだろうか。


 


五島みどりさん・五島龍さんという2人の世界的バイオリニストを、育てた五島節さんは、スパルタ教育を続ける中で悩みを抱えていた。


 


しかし、故・黒柳朝さん(女優・黒柳徹子さんの母)との出会いが転機となった。自分は一所懸命なのに、娘は言うことを全く聞かない。


 


このままでは、親孝行など気にも掛けない大人になるかもしれないと、いら立ちをかくさないままであった。


 


そんな五島さんに、黒柳さんは一言。子どもは既に、あなたに対して親孝行をし終わっているんですよ。と。黒柳さんは続けた。


 


おっぱいをあげた時に、子どもが見せてくれた笑顔。その笑顔を見た時の気持ちを覚えていますか。あの笑顔こそ、子どもができる最高の親孝行です。だから親孝行をし終わっている。


 


この話を聞いた、五島さんは、子どもへの恩返しの気持ちを、忘れないようにしたという。厚労省の調査によると、虐待をする母親は、社会や地域から孤立しているケースが多い。


 


相談相手がいるかどうかの違いは大きい。たった一言のアドバイスで、親子の人生が、180度変わる可能性もあるのだから。子どもは社会の宝である。皆で守るべきだろう。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 


 

2019年8月 9日 (金)

学校のトイレの変化!

学校のトイレが変わり始めた。自治体職員や公立小中学校の教職員にたずねた調査によると、今後のトイレ整備の考え方に、からだの性と心の性が異なるなど性的マイノリティの児童生徒への対応を視野に入れる必要があると6割が。


 


 


特に教職員では8割を超え、こうした課題に直面している姿がうかがえる。愛知県豊川市では2017年から公立小学校で、性的マイノリティの児童にも配慮したトイレ改修を進めている。


 


 


そのポイントは、1、男女トイレの他に性差にかかわらず利用でき、車イスにも対応したみんなのトイレを設置する。それらのトイレの入口に前室を設けて、どのトイレを利用したか外からは分からないようにすること。


 


 


文部化学省は15年、性同一障害の児童生徒に対する支援の事例として、職員トイレや多目的トイレの利用を認めることを挙げている。つまりは性差を問われないトイレだ。


 


 


学校だけではない。東京・渋谷区では区内全てのトイレの基本方針を昨年11月に策定した。その考え方も、すべての人が性差や障がいにかかわらず快適に使えるということだ。


 


 


話題の主役にはならないトイレだが、トイレを大事にしないと評価が下がる時代が来ているようだ。


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

マンホールのふたはなぜ丸い!

マンホールはなぜ丸いのか。ちゃんと理由がある。もし四角形だったら、対角線の長さが一辺の長さより長いため。


 


そのためちょっと蓋をずらすと、重い鉄の塊が穴の中に落ちてしまう。他にも、工事中にコロコロと転がりやすいなど、円の特徴が生かされている。


 


生活の至る所に円形は見つかるが、どこまで正確な円になるかは、円周率を何桁まで使うかによる。


 


宇宙の旅から帰還した小惑星探査機はやぶさには、16桁の円周率がプログラムされた。仮に3桁の3.14だったら、軌道に15万キロの誤差が生じるという。


 


指輪の工房では3桁、砲丸の工場では10桁、陸上競技場のトラックでは5桁の円周率を使っているそうだ。


 


完全無欠の円では、円周率は、小数点以下が無限に続く。円という有限のものが、円周率という無限を宿していることは、考えてみれば不思議だ。


 


命には限りある。その有限の命が秘めた無限の可能性を引き出すのが、修業であり実践だ。壮大な挑戦に生きる人生の幸福をかみしめる。


 


0という数字を発見したといわれるインドの初代首相ネルーは、独立闘争に身を投じて獄中にいた時、愛娘のインディラに手紙を送った。


 


満足な教育を与えてあげられない娘のために、世界史をつづる。その数197通になる。手紙は後に、名著父が子に語る世界歴史となり、娘も父の心を継いで首相になった。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

登記簿に所有者が判明しない!

不動産登記簿などをみても所有者が判明しない、連絡がつかないという所有者不明の土地や建物が増え続け、国民生活にも悪影響が及んでいる。


 


例えば、空き家の場合、管理責任がある所有者が不明になると、老朽化が進み当会の危険性が高まったりなど、深刻な被害を周辺住民に与えてしまう。


 


所有者不明の土地の場合は、緊急を要する防災工事や災害復旧工事で、土地買収の交渉相手である所有者がなかなか見つからず事業が滞る問題が発生。


 


空き家対策として、所有者不明の問題に関して、土地法制のあり方にまで踏み込んだ議論をするため、国土審議会・特別部会で検討を開始した。


 


財産権を尊重しつつ、所有者不明の土地の有効利用に道を開く制度の構築を期待したい。所有者不明の土地面積の合計約410万ヘクタールに相当する。


 


こうした現状は相続登記が義務ではなく任意とされているからで、その結果、戦前から多くの人が何世代にもわたって相続登記を放置し、追跡困難になってる


 


それでも、土地の値段は上るという土地神話が生きていた時代には、不動産は貴重な財産として所有者によってしっかり管理され、売買も進み登記も行われてきた。


 


しかし、少子高齢化、地方の過疎化、人口減少という時代に入り、相続した不動産の財産価値が見込めず売買も困難なため、手間とコストのかかる相続登記もされないまま放置されている。


 


              がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年8月 8日 (木)

高校野球の大会歌!

今年の夏も甲子園で高校球児たちの熱戦が繰り広げられている。スタンドでは、選手たちの応援に、さまざまな曲が演奏されるが、夏の高校野球を代表する曲といえば、大会歌の栄冠は君に輝くだろう。


 


 


1948年にこの曲を作曲した小関裕也氏は、大学の応援歌やプロ野球の球団歌、行進曲、歌謡曲など、幅広いジャンルで今も歌い継がれる数多くの曲を手がけた。


 


 


生涯に作曲した作品は5000曲に及ぶとされ、たとえ小関の名を知らなくても、彼の作曲したのを聴いたことがない日本人はいないといわれるほどだ。


 


 


とりわけ終戦後、鐘の鳴る丘、君の名は、などのラジオ番組の主題歌や、長崎の鐘、イヨマンテの夜、など次々に送り出された名曲は、敗戦で荒廃した日本人の心に希望と明るさを与えた。


 


 


人の心に寄り添い、喜びも苦しみも分かち合いながら時代を生きた作曲家だった。日常の活動でも、この寄り添う心は何よりも大切だろう。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ベースボールの日本の名付け親!

米国から伝わったベースボールを野球と名づけたのは、正岡子規だとの説がある。升(のぼる)という幼名を野ボールともじったらしい。


 


甲子園球場で行われる夏の高校野球は今年で100回を数えたが、正岡子規の出身地である松山市では、俳句甲子園が開かれた。


 


高校生が5人1チームで兼題の作品をそれぞれ披露して対戦。相手の句を鑑賞しながら、鋭い質問をぶつけ合う舌戦が繰り広げられた。


 


優勝は、21回目の今年は山口県の徳山高校でした。松山市では、投稿サイト俳句ポスト365も大好評。2週間ごとに発表される兼題。


 


俳人の夏井いつきさんが選者を務め、俳句を楽しむ人たちの輪がにぎやかに広がっている。


 


わずか17音で表現する言葉の世界は無限だ。正岡子規の句には、明治29年の野分(台風)に遭遇して詠んだものも。


 


大木の道に倒るゝ野分かな。小石やら雨やら野分顔を撲つ。この野分さらにやむべくもなかりけり。今年は全国大雨にて洪水ならぬところもなき・・とも記してる


 


豪雨、猛暑、地震、台風などが相次ぎ、まさに災害大国を実感する今年。防災減災・復興を新内閣は政治の主流に位置づけてほしいものだ。


 


               がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

マイナンバーがどうなった!

社会保障と税の共通番号マイナンバーの16年1月運用開始し、順次、国内に住む全ての人に個人番号の通知を開始。


 


行政機関が別々に持つ所得や年金、社会保険などの個人情報を12桁の番号で一元的に管理するマイナンバー制度は、住民サービスが大きく向上する。


 


災害対策では、被災者生活再建支援金の支給手続きなどに活用される。戸籍や旅券の取得、自動車登録への利用も議論されている。


 


17年1月から運用が始まったインターネットサイト、マイナポータルでは、子育て支援策など利用一人一人に応じた情報を提供するサービス。


 


生活を便利にするマイナンバーだが課題もある。問題は制度の国民理解が進んでいないことだ。


 


12桁の個人番号は簡易書留で送られてくるが、申請書を市区町村に提出しなければ、個人番号カードは発行されない。


 


このカードがないと、マイナンバーを使う手続きのたびに身分証や個人番号を確認する書類を提示する必要がある。今までと変わらないと何もしない人も。


 


情報漏れ対策も欠かせない。監視・監督機関個人情報保護委員会の機能に期待したい。9ヶ月が過ぎたがマイナンバーの効用は見えてない。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年8月 6日 (火)

猛暑とアイスクリーム!

猛暑だとアイスクリームがよく売れる。いや、猛暑でなくても売れている。日本アイスクリーム協会の調査によると、アイスを好き、やや好きは合わせて96.5%になる。


 


 


好きなスイーツも、ケーキとチョコレートを抑えてアイスが第1位。日本人はアイスが大好きなのだ。アイスは16世紀、冷凍技術を発明したイタリアで誕生し、欧州や米国に広まった。


 


 


日本人の手による最初のアイスは1869年、横浜の馬車道通りで製造、販売された。当初は高級品だったが、大正から昭和の工業化で手軽に食べられるようになった。


 


 


今はご当地アイスをよく見かける。エッセイストの甲斐みのりさんの著書アイスの旅には、各地で出会った地元で愛されているアイスが、カラー写真で紹介されている。


 


 


昭和の時代以前から続く地域密着の店全般に共通していることだけど、店主の高齢化や、後継者、人口不足で、アイス作りをいつまで続けられるか分からないという。


 


 


ここに来て、事業承継税制の拡充を進めてきたが、庶民の口福に一役買っているアイスを作る、身近な事業者を守り支えるのは政治の役目である。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

高額列車の旅が人気!

近年は、特別な趣向を凝らした列車での旅が、高価にもかかわらず人気を博しています。そんな機会に恵まれたらと。


 


夫婦や恋人同士、男女数人のグループでも、さりげなくレディーファーストを実践できるとステキです。


 


レディーファーストは、女性を大切にするためのものとして知られていますが、女性だけではなく、幼少や年配の方、体の弱い方などへの配慮、思いやり。


 


そんな心を目に見える形にしたものといえるでしょう。この心得はサービス業などの接遇にも応用でき、多くの場面でとても役立ちます。


 


乗り物などの乗り降りの際、男性は女性に危険が及ばないように配慮しながら女性を先に乗せます。


 


降車の際は、男性が先に降り、女性の降車をサポートします。スムーズな乗降のために、手荷物の手助けも同時にします。


 


レストランでは、席まで案内をするスタッフが最初に椅子を引いた席が、そのテーブルでの最上席とされています。


 


滞在先などで歩道を歩く時には、男性が車道側に立つように心がけます。自動車への接触やバイクでのひったくりなど、想定される危険から女性を守るため。


 


男性のエスコート力も大切でスが、女性にもエレガントに振舞うための見識が求められます。示された優しさにはありがとうございますと、ほほ笑みを添えて。


 


                 がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

子どもの労働が心配!

ILOの発表で5歳から17歳までの子供のうち、建設現場での長時間労働や売春など、安全や健康を損なう恐れがある児童労働をさせられている。


 


そんな子どもは1昨年、世界で1億5000万人余りに上った。世界の子どもの10人に1人が児童労働を余儀なくされている。


 


児童労働を生む最大の要因は貧困であり、途上国や新興国に多い。子どもたちは安い賃金で酷使されており、健康、心理面での悪影響は極めて大きい。


 


多くの輸入品によって豊かな生活を享受する日本もこの問題と無縁ではない。綿花やカカオ、レアメタルなどは児童労働によって生産、採掘されてるケースが


 


いかにして児童労働から子どもたちを解放するか。様々な動きが始まっている。例えば、原材料の段階から製品が消費者の手に届くまでのプロセス。


 


それに関わっていないかチェックする取り組みだ。ガーナ政府と共に、ココアアクションとして児童労働を監視しながら生産性向上をめざす運動をしている。


 


原材料までさかのぼって、児童労働が関係していないか確認する取り組みに日本企業も参加していくべきである。


 


フェアトレード商品に注目。市場規模は全世界で約1兆円に上るが、日本の市場規模は100億円程度でドイツの12分の1にとどまる。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年8月 5日 (月)

連日の猛暑で!

連日の猛暑である。梅雨空が長く続き気温も平年を下回っていたころは冷夏の可能性が指摘され、例外による1993年以来のコメ不足さえ憂慮された。しかし、やっぱり今年も厳しい夏を迎えた。


 


 


できるなら猛暑列島から脱出したいが、北半球では避暑に適した所がすくなくなっているようだ。欧州は熱波に襲われ、北極圏でも記録的な高温と乾燥が続きシベリアやアラスカで山火事が頻発するという前代未聞の事態となっている。


 


北極の海氷面積の史上最小値とグリーンランドの氷床融解量の史上最大値が、今年は両方とも更新されるとの予測もある。北極圏の氷がかってない規模とスピードで溶け出しているのだろう。


 


 


いずれも地球温暖化の影響とみられている。実際、世界の年平均気温の最高値から4番目までは、最近4年間の記録だ。このため、来月に国連で温暖化対策サミットが開かれるなど国際社会は取り組みを強めている。


 


 


温室効果ガスの排出をゼロにする脱炭素社会を他国に先駆けて掲げた日本の役割は大きい。ともあれ、まずはこの夏を乗り切りたい。


 


 


ポータブル扇風機や冷却タオルなど外出時に役立つグッズも豊富に出回っているが、個人的には冷涼効果のある汗拭きシートがお薦め。特に野外コンサートや野球観戦で重宝している。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

笑顔は健康にする!

バス停のベンチに女性2人。1人が口を開けて笑いながら話していた。楽しくなった。笑顔は伝染する。


 


笑顔の人は長生きしやすい。アメリカで大リーガーの顔写真を使った研究が行われた。1952年の選手名鑑に載っていて09年6月までに亡くなった150人


 


彼らの写真を笑顔の度合いで3グループに分け、それぞれの平均寿命を調べた。結果はほほえみなし72.9歳、部分的なほほえみ75.0歳。


 


満面の笑み79.9歳。笑顔は作り物でも良い。ドイツの博士が発表した。実験では箸を口にくわえる。


 


箸を横にしてくわえた時と縦にした時で脳の活動を比べた。横の時、楽しい気持ちにしてくれるドーバミン系の神経活動が活発になった。


 


横にしてくわえると口角が上がり笑顔に似る。笑顔を作ると脳はうれしさや幸福を感じた状態になるのだ。


 


防災・減災・復興を社会の最優先課題にしていく。人々の不安を安心に泣き顔を笑顔に変えていくのが政治の使命だ。


 


100円ショップで鏡を買い、支局の机に置いた。箸を横にし歯でくわえた。笑顔になるのが銀色の義歯がのぞく。気にしない。への字口よりずっと良い。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

小学校の卒業文集に!

「大人になったらベルリン・フィルの指揮者になりたい」。小学校の卒業文集に記した夢。それを約40年かけて実現したのが、テレビ番組「題名のない音楽会」の佐藤裕さんだ。


 


ハービー・ハンコックさんは、かって、フランスで苦闘していた時、確認したことがある。自信とは「ありのままの自分を信じられること」。


 


思い違いがわかるそれまでは、「自分を強く見せること」だと、錯覚していたと語った。そして今は、もう舞台で緊張することはない、と語った。


 


それを聞いた先生は、ありのままの自分で、勇敢に進む姿勢を讃えた。「見えないところでの不断の努力があってこそ」と。


 


虚勢は多くの場合、自信のなさや、後ろめたさの表れである。だからといって、「ありのままでいよう」と思うだけで、実力が身につくわけではない。


 


夢に向かって地道に積み重ねた努力は、誰が見ずとも自分が知っている。それこそが、逆境の時、人生の勝負どころで、前進を支える力となる。


 


その上、信じる羅針盤とか、見守ってくれる人がいると、個性豊かな自らの人生を輝かせる。しかし、自信があり過ぎると、慢心になり、感情的になる。


 


それで、人との付き合い、対話ができなくなって、自己嫌悪に陥るので、優しさをもって、人の心を動かすことを覚えることであろう。


 


               がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年8月 3日 (土)

言葉のコミュニケーションが欠かせない!

訪日客の増加と同様に、日本で暮らす外国人が増えている。2018年度末時点で273万人で過去最多である。生活する上で言葉のコミュニケーションは欠かせないが、日本語がおぼつかないままで暮らすケースがある。


 


 


意思の疎通を図れずにトラブルも起きている。先の通常国会では法整備が進んだ。国内に住む外国人への日本語教育の推進を国や自治体に促す法律が全会一致で成立した。


 


 


日本語を学びたくても習得する場が圧倒的に少ない現状を踏まえたものである。親が外国籍など外国につながる子どもの進学問題も指摘されている。


 


 


日本社会では高校への進学率は100%に近いが、この子どもたちの進学率は著しく低い。経済的理由のほか、保護者が日本語を分からず進学の必要性を理解しないことが背景にある。


 


 


弘前大学准教授吉田氏は、放置すれば高卒視覚を基礎的なものと見なす日本では貧困につながってしまうと貧困の連鎖を危惧し、支援の拡充を訴える。


 


 


年齢や出身に関係なく、学ぶ機会を広げる意味では公立の夜間中学校にも期待したい。今は9都府県33校にとどまるが、全都道府県と政令市への設置を訴える。共生社会を見据えた教育環境こそ未来につながるはずである。


 


 


                      がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

人とチンパンジーの比較!

ヒトとチンパンジーの発育を比較した話。生後3年まではチンパンジーが上だとしかし、4,5歳になるとヒトの発育が進み両者は分かれる。


 


そして次の簡単な実験の話が紹介されていた。3歳児と5歳児に舞台を見せておく。舞台には箱Aと箱Bがある。


 


そこへお姉さんが来てAに人形を入れ、ふたをし去る。次にお母さんが来てAの人形をBに移し去る。


 


その後お姉さんが再登場。研究者がお姉さんがどちらの箱を開けるか質問する3歳児はB、5歳児はAと答える。


 


3歳児は人形がBにあるという自分の知識が全てでお姉さんの頭の中を考えない。5歳児は自分がお姉さんだったらと考える。


 


人形がBに移されたのを見ていないからAと答えたのである。このくだりの見出しは、ヒトは他人の立場に立つことができる。


 


障がい者施設運営者の話。施設建設に際し地域住民に反対され理解を得ることが大変だったと。


 


住民がさまざまな意見を持つのは当然の権利だろう。だが立ち止まって他者の立場を考えてみることがあってもいいのではないか。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ペットと人間の関係!

新聞の投稿欄で、消えたニャンちゃんという見出しに目が止まった。死期を察した老ネコとの別れをつづったものだった。


 


老ネコは、野良猫である朝、雪をかぶり庭先にうずくまっているところを投稿者に救われた。


 


だが、夏が来て暑くなり始めた頃から食欲がなくなり、あばら骨を浮かし、よたよた歩くようになる。


 


そんなある夜、眠っている投稿者の懐に潜り込んできた老ネコは、顔をすり寄せ、のどをゴロゴロ鳴らした。初めてのこと。


 


翌朝、飼い主が目を覚ますと既に姿はなく、以来老ネコが現れることはなかった全ての人間にそれぞれの特徴や人生があるのと同じで、人間以外のあらゆる生き物にも喜びや悲しみがあります。


 


言われてみれば、飼い主の子どもが近所の犬に噛み付かれているのを見た猫が、勇敢に犬に挑みかかり子どもを救い出したという海外の動画。


 


あらゆる生き物の中でもとりわけ人間の身近で生活するペットの犬やネコたち。それらに喜びや悲しみがある。


 


動物愛護週間が始まった。ペットを飼う人が高齢者の中に増えてきた。子どもと違って飼い主の生きがいにとともに、いとおしさが増すのだろう。


 


               がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年8月 1日 (木)

結婚後の男女の差!

家事・子育てと仕事の両立に奮闘した戦士の女性陣。25~34歳を対象にした結婚に関する調査がある。


 


男性の8割が共働きを期待し、女性では9割が共働きでもかまわないと答えている。ならば男性は北欧並みに家事を分担する覚悟が求められる。


 


女性が家事をする時間は、男性の1.5倍以内だ。長年、日本では30~40代女性の労働力率がその前後に比べて著しく落ち込む状態が続いた。


 


いわゆるM字カーブだが、この10年間で大分と緩やかになった。寿退職である結婚退職が減った。


 


さらに第1子出産後も仕事を続けるケースが5割を超えた。それでも、出産を機に退職する女性は4割を超える。


 


意欲がありながら、女性が辞めざるを得ない状況は、社会にとって、何よりその本人にとって大きな損失だ。


 


保育サービス充実のスピードを加速しなければならない、と同時に男たちの働き方改革も急がれる。


 


子育てを女性に押し付けてきた後悔とともに、ママ友の世間話は、ダンナに家事を教えるのがまずひと苦労。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

その名もじじい部隊!

その名もじじい部隊。東日本大震災に伴う原発事故で今なお全町避難が続く福島県大熊町。避難指示解除のメドが依然としてみえない。


 


この無人の町で、いつか故郷にもどれることを信じて町民の留守を守るお年寄りたちがいる。交代で現地に駐在し草刈りや防犯パトロールなどに汗を流す。


 


若い者と違って俺たちは町を知り尽くしている。年の功だよと誇らしげに語る姿がまぶしく、頼もしい。その豊かな人生経験を生かして復興の前線に立つ。


 


復興途上にある被災地にとって、こうした元気なお年寄りの存在は地域の財産だ。人生経験に裏打ちされた知恵や言葉に人々は多くを学ぶ。


 


65歳以上の高齢者人口は、推計3514万人で27.7%にあたり過去最高。半世紀前には620万人だった。高齢化がいかに急速に進んできたか。


 


介護などの社会保障費が増すが増すばかりというマイナス志向の考えに終始していては、この超高齢社会を乗り越えることはできない。


 


じじい部隊などの事例に学び、高齢者の意欲や能力を生かすプラス志向の発想こそが求められる。


 


昨日は敬老の日だった。どうしたら老いに積極的な価値を見いだし、その力を存分に生かせる社会を築けるか。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

一人の才能が!

一人の才能が土を割って芽を出し、世に出てゆくには多数の蔭の後継者が要るものなのだ。才能はぼっと光っているので、目利きの人でないと見えない。


 


ところが見つかると、ある者は手を貸し、金のある者は金を出して、その才能を世の中へ押し出してゆくと。


 


司馬遼太郎は、一人一人の才能が花開く社会を思い描いていたのだろう。賞を取ることは才能が世に押し出された一つの帰結だ。


 


ノーベル賞受賞者の発表が間近に迫っている。10月1日の生理学・医学賞を皮切りに、物理学賞、化学省と続く。


 


これら自然科学3賞を受けた日本人は22人。うち17人が2000年以降だ。今回は10人を超える日本人が有力視されていると聞く。


 


一方で行く末を暗示するデータも。科学技術・学術政策研究所によれば、注目度の高い論文数で日本は世界4位だった。


 


しかし、米英独に続くが14~16年に9位へと後退。修士、博士号の取得者数も主要国の中で日本だけが減っているのだ。


 


16年、日本の公的機関、企業、大学の研究開発費総額は対前年比マイナス2.7%だった。日本の科学研究が失速し、このっまではエリートの座を追われかねない。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 




◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ




« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス