« マンホールのふたはなぜ丸い! | トップページ | 子どもは親を選ぶことができない! »

2019年8月 9日 (金)

学校のトイレの変化!

学校のトイレが変わり始めた。自治体職員や公立小中学校の教職員にたずねた調査によると、今後のトイレ整備の考え方に、からだの性と心の性が異なるなど性的マイノリティの児童生徒への対応を視野に入れる必要があると6割が。


 


 


特に教職員では8割を超え、こうした課題に直面している姿がうかがえる。愛知県豊川市では2017年から公立小学校で、性的マイノリティの児童にも配慮したトイレ改修を進めている。


 


 


そのポイントは、1、男女トイレの他に性差にかかわらず利用でき、車イスにも対応したみんなのトイレを設置する。それらのトイレの入口に前室を設けて、どのトイレを利用したか外からは分からないようにすること。


 


 


文部化学省は15年、性同一障害の児童生徒に対する支援の事例として、職員トイレや多目的トイレの利用を認めることを挙げている。つまりは性差を問われないトイレだ。


 


 


学校だけではない。東京・渋谷区では区内全てのトイレの基本方針を昨年11月に策定した。その考え方も、すべての人が性差や障がいにかかわらず快適に使えるということだ。


 


 


話題の主役にはならないトイレだが、トイレを大事にしないと評価が下がる時代が来ているようだ。


 


                    がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« マンホールのふたはなぜ丸い! | トップページ | 子どもは親を選ぶことができない! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マンホールのふたはなぜ丸い! | トップページ | 子どもは親を選ぶことができない! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス