« マイナンバーがどうなった! | トップページ | 高校野球の大会歌! »

2019年8月 8日 (木)

ベースボールの日本の名付け親!

米国から伝わったベースボールを野球と名づけたのは、正岡子規だとの説がある。升(のぼる)という幼名を野ボールともじったらしい。


 


甲子園球場で行われる夏の高校野球は今年で100回を数えたが、正岡子規の出身地である松山市では、俳句甲子園が開かれた。


 


高校生が5人1チームで兼題の作品をそれぞれ披露して対戦。相手の句を鑑賞しながら、鋭い質問をぶつけ合う舌戦が繰り広げられた。


 


優勝は、21回目の今年は山口県の徳山高校でした。松山市では、投稿サイト俳句ポスト365も大好評。2週間ごとに発表される兼題。


 


俳人の夏井いつきさんが選者を務め、俳句を楽しむ人たちの輪がにぎやかに広がっている。


 


わずか17音で表現する言葉の世界は無限だ。正岡子規の句には、明治29年の野分(台風)に遭遇して詠んだものも。


 


大木の道に倒るゝ野分かな。小石やら雨やら野分顔を撲つ。この野分さらにやむべくもなかりけり。今年は全国大雨にて洪水ならぬところもなき・・とも記してる


 


豪雨、猛暑、地震、台風などが相次ぎ、まさに災害大国を実感する今年。防災減災・復興を新内閣は政治の主流に位置づけてほしいものだ。


 


               がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« マイナンバーがどうなった! | トップページ | 高校野球の大会歌! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナンバーがどうなった! | トップページ | 高校野球の大会歌! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス