« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月28日 (土)

晩婚化の現状!

女性が話をしていた。10年間も不妊治療を続けてきた親友が体外受精による妊娠で、念願の第1子を出産したとこと。


 


2歳女児がいる彼女は、これからは子育ての相談に乗ってねの親友の一言に大泣きしてしまったという。


 


晩婚化も背景にあるのだろう。2015年に行なわれた体外受精で生まれた赤ちゃんは5万1001人で過去最多。


 


全出生児の約5%に上る。また、夫婦5.5組に1組が不妊治療、検査の経験がある。だが、不妊治療は多くの困難を伴う。まず多額の費用。


 


例えば、体外受精は1回当たり40万円前後かかる。これについては体外受精顕微授精への公費助成が04年度に実現。


 


現在は初回30万円、2回目以降15万円に加え、男性の精子採取手術にも1回につき15万円まで助成されている。


 


もう一つは精神面の負担だ。実態調査によると、働きながら不妊治療をした人の16%が退職、11%が治療をやめた。


 


不妊治療に特化した支援制度がある企業は2割に満たない一方、勤務先に不妊治療休暇の導入などを求める声が多い実態も浮かび上った。


 


                がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

世界の最低平均年齢は46歳!

国際社会が2030年までの実現をめざす新しい共通目標の一つに、世界中のあらゆる年齢の全ての人が健康であること。


 


国連総会の政府間交渉で決定された持続可能な開発目標の中で掲げられている。特に医療や保健分野での途上国支援を急がなければならない。


 


そのため、政府は、医療や保健分野の途上国支援を一層進めていくための平和と健康のための基本方針を決定した。


 


同方針では、病院建設や医療機材の供与。医療施設を運営管理できる人材育成。感染症流行の初期段階から発生国を支援できる態勢整備などが示される


 


大量に発生している難民への支援も盛り込まれている。難民が逃れた国の中には、戸籍や住民登録などの制度がなく、医療を提供する情報がない。


 


世界保健機関によると、男女合わせた平均寿命が最も低い国は、西アフリカのシエラレオネで46歳。サハラ砂漠以南の地域で、平均寿命の低さが目立つ。


 


病気として、下痢性疾患など先進国では予防や治療の可能な病気が主な死因となっている、医療施設も治療を行なえる医師も近くにいないのが原因である。


 


WHOは、この状況を深刻に受け止め、金銭的に無理のない範囲で、必要な医療や保健サービスを必要なときに誰でも受けられることを提唱している。


 


               がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年9月19日 (木)

今年のサンマ漁は!

最も脂が乗って今が旬のサンマ。だが、このままだと今年は記録的な不漁かもしれない。10日時点で北海道東方沖の水揚げ量は昨年に比べて約17%と半世紀ぶりに少なかった一昨年をさらに下回る状況にもある。


 


 


目黒のサンマ祭りは、24回目で初めて冷凍ものを提供した。サンマは温かい水温が大の苦手である。例年ならこの時期は、日本近海を南下してくる。


 


 


日本沿岸の温暖化が影響し、漁場は日本から1000キロ前後離れた公海にある。さらに近年は公海域における外国のサンマ漁が急増していることも不漁に追い討ちをかける。


 


 


今年7月の世界の平均気温は観測史上、最も高かったと米海洋大気局が伝えた。パリは最高気温42.6度と香港は平均最低気温が27.7度といずれも記録を更新した。


 


 


相次ぐ異常気象は、温暖化なには起こりえないと、各国などの研究機関はみる。自然の恵みを頂く農林水産業は天候に左右されがちである。


 


 


いつも豊作、豊漁とは限らない。だが、人間の活動が原因ならば変わってくる。台風15号は自然の猛威をまざまざと見せつけた。天災は受け入れるしかないが、今回はどうもそうとも言い難いか。


 


 


                     がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

百貨店業界が苦戦!

百貨店の店舗閉鎖が目立つ。いずれも郊外店や地方店だが、街のシンボルが消えるのは寂しい限りである。


 


1昨年9月末には、千葉県柏市そごう柏店、北海道旭川市西武旭川店が閉店。来年春から夏までに千葉市三越千葉店、東京都多摩市三越多磨センター店。


 


大阪府八尾市西武八尾店、堺市堺北花田阪急など合計8店の百貨店が相次いで店じまいした。


 


全国の百貨店の売り上げはピークの1991年の6割強の水準に落ち込んでいる。そごう千葉店は91年の507億円から2016年3月期126億円へ激減だ。


 


百貨店に限らず、ショッピングセンター、総合スーパー、家電量販店やアパレルなど小売業界は、長期のデフレによる消費低迷と人口減少。


 


それにインターネット通販の台頭というトリプルパンチの直撃を受けている。とりわけ百貨店は、のれんに頼り自らリスクをとらない返品自由の殿様商売を続けた。


 


それが仇になったとみられている。小売業の原点である仕入れが問屋任せだから、商品の選択が甘くなる。消費者が本当にほしい商品の品揃えができていない。


 


売り場も問屋やメーカーからの派遣社員に任せている例も多い。自らのブランドと売り場を貸し出すビジネスは楽かもしれないが、小売業本来の実力はどうか


 


                  がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

ネット空間を駆け巡る!

今春の米科学雑誌サイエンスに、ツイッターでは誤った内容の情報が正しい情報よりも20倍速く拡散するという。


 


昨年の新聞週間での代表標語は、真実と 人に寄りそう 記事だった。ネット空間には日々、膨大な情報が駆け巡る。


 


しかも、発信経路があいまいで不確かな伝聞でも、ひとたび広がれば世の中を混乱させ、人々の判断や行動を変えてしまいかねない。


 


次代の道しるべ役を担う新聞の役割は、一段とかさみを増す。虚実の境界線のぼやけた時代だからこそ。


 


飛び交う怪情報の防波堤となり、社会の変化のうねりを的確に捉え、積極的に提言しなければ責任を果たせない。


 


世上の事象に対し、どのように論評したか、時には歴史の証言台に立たされる言論機関は確かな眼を養わねばなるまい。


 


どこに着眼するか。複眼で多角的に迫っているか。広い視野でみる魚眼レンズや、細部まで追究する接眼鏡の機能は万全か。


 


そして、それらを総合し、どう決断するかを見極める肉眼は絶対に曇らせてはならない。眼光人を射るという。ネット空間で暴れる韋駄天を相手に試してみたい


 


                  がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年9月 4日 (水)

男女共同参画社会基本法が20年!

性別にかかわらず個性と能力を十分に発揮できる社会の実現をうたった、男女共同参画社会基本法の施行から、今年で20年この節目に戦後の日本で女性の地位向上に努めたベアテ・シロタ・ゴードンさんの言葉。


 


 


ベアテさんは連合国軍総司令部GHQで、憲法14条法の下の平等、と24条家族関係における個人の尊厳と両性の平等の条文づくりに携わった女性だ。


 


 


当時のことを生前、参院憲法調査会で述懐している。戦前、日本で10年間暮らしたベアテさんは、就労や婚姻などに関する男女間の不平等を是正したいと考えていた。


 


 


それは、日本女性が置かれていた境遇に対する哀れみだけが理由ではなかったようだ。夫から渡される給料の使い道や子どもの教育などで女性が実験を握っていることに。


 


 


ベアテ三は、日本女性の心と精神は強いですと述べている。憲法公布から40年後に施行された、男女雇用機会均等法を皮切りに、女性の活躍を推進するための法整備は30年余りで大きく進んだ。


 


 


今後は、諸外国並みに女性の地位が向上するかが問われる。ベアテさんが心からたたえた日本女性の真価が存分に発揮される社会づくりは、これからが本番だ。


 


 


                  がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

何事も途中でやめない!

長崎新聞社を訪ねると時代を映してきた同新聞の紙面がいくつも飾れている。10年前の今月、旧長崎医大卒の下村氏のノーベル化学賞受賞を報じた1面も


 


下村氏が、子どもたちにはどんどん興味を持ったことをやらせてあげて。やり始めたら、やめたらダメですよと、語ったことを。


 


16年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを手にした内村航平選手の紙面もあった。3歳から長崎の地で体操を始めた。


 


やめなかったのは体操以外はやる気がない。そんな彼は、リオデジャネイロの4年前、東日本大震災の翌年にロンドン五輪で金を取った。


 


アスリートは被災者の心に寄り添うという意味で復興支援の力になれる。結果を残すことで、元気にする力があることを改めて思った。


 


今回、ノーベル賞に輝いた京都大学特別教授・本庶氏は、ガン患者が元気になって、あなたの薬のおかげと言われたこと。


 


これほどうれしいことはないと。これがガンとの対決をやめない研究者の心情か1964年10月10日東京五輪が開幕した。


 


そして今、2年後に再び東京五輪が日本にやって来る平和の祭典は復興五輪闘いをやめないアスリートたちが、被災地を日本中を元気にする。


 


                  がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

自分の命を大切にすること!

隣人からとれたての茄子を頂いた。豚肉と一緒に味噌汁を作りながら、「はなちゃんのみそ汁」のことを思い出す。


 


ガンで逝く母が、残していく家族のためにみそ汁作りなどの家事を、幼い一人娘に伝えていったという実話だ。


 


食べ物を体に入れることは、自分の命を大切にすること、食べ物をおろそかにすることは、自分の命をおろそかにすることと思うんです。


 


娘には、自分の命を大切にしてほしい。ただその思いなんです。はなちゃんの父・安武信吾さんの言葉である。


 


食べ物の話の中で、箸のはなしを、タイの僧侶が地獄と極楽を説明する話があった。地獄にも極楽にもテーブルにいっぱいにご馳走が並んでいる。


 


テーブルには、腕よりも長い箸が置いてある。この箸で食べなければならない。地獄の方をのぞくと、みんながこの箸で料理を口に入れようとする。


 


しかし、箸が長すぎて入らず、争いだけで終わってしまう。それに対して、極楽では、自分の箸でテーブルの向かいの人の口に入れてあげる。


 


みんながそうするので、誰もが山海の珍味をたっぷり食べられる。これを聞いて、笑いながら思わずうなずいてしまった。相手への思いやりである。


 


                がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

2019年9月 2日 (月)

線状降水帯とは!

線状降水帯と聞くと胸騒ぎがする。先週の九州北部を中心とした大雨の際も、河川情報センターの水位情報や監視カメラのリアルタイム映像から目が離せなくなった。


 


 


昨年は各地で地震、豪雨、台風など大規模災害が連続して発生した。被災自治体では、逃げ遅れが被害を拡大させたとの反省から住民自ら早期避難を促す情報の伝え方が課題となっている。


 


 


人を動かす情報とはどんなものだろう。人は異常事態に遭遇した時、周囲と同じ行動を取ることが安全だと考える。多数派同調バイアスと呼ばれる心理が働くのだ。


 


 


みんな逃げていない。逃げるほどの状況なら周りは大騒ぎになっているはず。逃げなくても大丈夫と。ならば、逆にこのような心理特性を生かして避難行動につなげることはできないものか。


 


 


工夫の余地はありそうだ。国土交通省が6月から運用する逃げなきゃコールにも注目したい。防災アプリの登録者へ、離れて暮らす家族に迫る危険を通知する。


 


 


電話でお母さん、逃げてーと避難を後押ししてもらう仕組みだ。不特定多数に向けて同じ内容の情報を送る従来のブロードキャスト型だけでなく、よりローカルな個人に合わせたカスタマイズ型の情報伝達が求められているのかもしれない。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

子どもの立場は!

離婚すると父母の一方が親権者となって子どもを引き取ることになる。しかし、親権を失った親が子どもを手放さないとどうなるか。


 


その場合、家庭裁判所が子どもの引渡しを命じ、それに応じないと強制執行される。しかし、昨年約100件のうち、実行できたのは約3割だった。


 


特に裁判上の離婚では、家庭裁判所が子どもの最善の利益や福祉を考慮して親権者を定めている。その親権者が子どもを円滑に引き取れない現状。


 


子どもの引渡しを確実にするための民事執行法改正の検討に入った。財産に関わる強制執行とは違い、その対象は不安に苦しむ子どもである。


 


現行法には子どもの引渡しを定めた規定がなく、動産に関する規定が用いられている。当然子どもを物として扱えるはずもなく、強制執行は慎重に実施される


 


具体的には、執行官だけでなく親権者とその代理人が相手の住居に出向き、執行官が引渡しを拒む親を説得して子どもを引き渡してもらう。


 


相手が不在だったり、また、強硬に引渡しを拒んだり、子どもを隠した場合はあきらめるしかない。


 


親権を失った親が執行の現場にいなくても、親権のある親が立ち会えば執行官による子どもの引渡しを可能にするとした。


 


                がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

大雨で1級河川も!

鬼怒川は一級河川である。こうもたやすく決壊するとは。記録的な大雨に襲われた関東や東北地方で死者・行方不明者が多数出た。


 


鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では、たくさんの家屋や自動車が水没した。流された家も少なくない。濁流によって大きく姿を変えた地域もある。


 


時間の経過とともに心労も重なってくる。高齢者や子どもにとってはつらい。避難者の健康状態にも十分配慮する必要がある。


 


避難生活が長期化するようであれば、短期的に暮らせる住居の確保も考えなければならない。


 


ここ数年来、異常気象が続く日本列島の現状を考えると、いつ豪雨禍に見舞われても不思議ではない。


 


大雨について、自治体の対応や住民避難のあり方など、さまざまな角度から検証し、今後の備えにつなげていかなければならない。


 


全国の自治体では、行政や企業、住民が災害の被害を抑えるためにとるべき行動を時間軸に沿って整理した、タイムラインの策定が進んでいる。


 


首都圏を流れる荒川の下流域でもタイムラインの運用が始まり、堤防の決壊を想定した非難内容などが定められた。


 


国土交通省は、1級河川の氾濫で浸水の恐れがある自治体に対し、2020年度までに策定するよう求めて、この災害を機に普及を加速させてる。


 


                   がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス