« 大雨で1級河川も! | トップページ | 線状降水帯とは! »

2019年9月 2日 (月)

子どもの立場は!

離婚すると父母の一方が親権者となって子どもを引き取ることになる。しかし、親権を失った親が子どもを手放さないとどうなるか。


 


その場合、家庭裁判所が子どもの引渡しを命じ、それに応じないと強制執行される。しかし、昨年約100件のうち、実行できたのは約3割だった。


 


特に裁判上の離婚では、家庭裁判所が子どもの最善の利益や福祉を考慮して親権者を定めている。その親権者が子どもを円滑に引き取れない現状。


 


子どもの引渡しを確実にするための民事執行法改正の検討に入った。財産に関わる強制執行とは違い、その対象は不安に苦しむ子どもである。


 


現行法には子どもの引渡しを定めた規定がなく、動産に関する規定が用いられている。当然子どもを物として扱えるはずもなく、強制執行は慎重に実施される


 


具体的には、執行官だけでなく親権者とその代理人が相手の住居に出向き、執行官が引渡しを拒む親を説得して子どもを引き渡してもらう。


 


相手が不在だったり、また、強硬に引渡しを拒んだり、子どもを隠した場合はあきらめるしかない。


 


親権を失った親が執行の現場にいなくても、親権のある親が立ち会えば執行官による子どもの引渡しを可能にするとした。


 


                がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 大雨で1級河川も! | トップページ | 線状降水帯とは! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雨で1級河川も! | トップページ | 線状降水帯とは! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス