« 子どもの立場は! | トップページ | 自分の命を大切にすること! »

2019年9月 2日 (月)

線状降水帯とは!

線状降水帯と聞くと胸騒ぎがする。先週の九州北部を中心とした大雨の際も、河川情報センターの水位情報や監視カメラのリアルタイム映像から目が離せなくなった。


 


 


昨年は各地で地震、豪雨、台風など大規模災害が連続して発生した。被災自治体では、逃げ遅れが被害を拡大させたとの反省から住民自ら早期避難を促す情報の伝え方が課題となっている。


 


 


人を動かす情報とはどんなものだろう。人は異常事態に遭遇した時、周囲と同じ行動を取ることが安全だと考える。多数派同調バイアスと呼ばれる心理が働くのだ。


 


 


みんな逃げていない。逃げるほどの状況なら周りは大騒ぎになっているはず。逃げなくても大丈夫と。ならば、逆にこのような心理特性を生かして避難行動につなげることはできないものか。


 


 


工夫の余地はありそうだ。国土交通省が6月から運用する逃げなきゃコールにも注目したい。防災アプリの登録者へ、離れて暮らす家族に迫る危険を通知する。


 


 


電話でお母さん、逃げてーと避難を後押ししてもらう仕組みだ。不特定多数に向けて同じ内容の情報を送る従来のブロードキャスト型だけでなく、よりローカルな個人に合わせたカスタマイズ型の情報伝達が求められているのかもしれない。


 


 


                   がんばろう!日本


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 子どもの立場は! | トップページ | 自分の命を大切にすること! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子どもの立場は! | トップページ | 自分の命を大切にすること! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス