« 免許の返納か継続か! | トップページ | 子どもの立場は! »

2019年9月 2日 (月)

大雨で1級河川も!

鬼怒川は一級河川である。こうもたやすく決壊するとは。記録的な大雨に襲われた関東や東北地方で死者・行方不明者が多数出た。


 


鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では、たくさんの家屋や自動車が水没した。流された家も少なくない。濁流によって大きく姿を変えた地域もある。


 


時間の経過とともに心労も重なってくる。高齢者や子どもにとってはつらい。避難者の健康状態にも十分配慮する必要がある。


 


避難生活が長期化するようであれば、短期的に暮らせる住居の確保も考えなければならない。


 


ここ数年来、異常気象が続く日本列島の現状を考えると、いつ豪雨禍に見舞われても不思議ではない。


 


大雨について、自治体の対応や住民避難のあり方など、さまざまな角度から検証し、今後の備えにつなげていかなければならない。


 


全国の自治体では、行政や企業、住民が災害の被害を抑えるためにとるべき行動を時間軸に沿って整理した、タイムラインの策定が進んでいる。


 


首都圏を流れる荒川の下流域でもタイムラインの運用が始まり、堤防の決壊を想定した非難内容などが定められた。


 


国土交通省は、1級河川の氾濫で浸水の恐れがある自治体に対し、2020年度までに策定するよう求めて、この災害を機に普及を加速させてる。


 


                   がんばろう!日本


 


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 免許の返納か継続か! | トップページ | 子どもの立場は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 免許の返納か継続か! | トップページ | 子どもの立場は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス