« 戦争のない時代は! | トップページ | 災害時の備蓄は! »

2019年10月24日 (木)

訪日外国人観光客と災害情報!

相次いだ大規模災害では、訪日外国人旅行客に対する情報伝達のあり方が問われている。交通機関では外国語での運行情報の提供がなかった。


 


そのため、外国人旅行客に十分伝わらないケースが続出した。避難先はどこか避難所でどう過ごせばいいのか分からない人も少なくなかった。


 


言葉が通じない日本で、災害に見舞われる外国人旅行客の不安は計り知れない。政府は災害時における外国人旅行客の安全安心を確保する緊急対策を


 


具体的には、日本政府観光客が今月中にも365日24時間対応のコールセンターを設け、英語、中国語、韓国語、で相談できるようにする。


 


鉄道事業者や空港会社などに対しては、英語の案内文表示など外国語による情報提供に努めるよう求めている。


 


乗務員や職員がスマートフォンの翻訳アプリなどを活用する体制も整える。例えば、地方における災害時の対応だ。


 


最近では、昔ながらの日本の暮らしを体感しようと、過疎地にまで足を運ぶ外国人旅行客も増えている。


 


自治体の中には、在日外国人や留学生に協力してもらい、防災リーダーや通訳ボランティアを養成し、災害発生時に避難所案内などの支援体制を強化する動きもある。


 


                 がんばろう!日本


 


 


 



 


◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、


 


   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。


 


◎ これからのリーダーはトリリンガル。


 


  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、


 


  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)


 



 


◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム


 


  2、 オンラインで学ぶ


 


  3、 親子で学ぶ


 


◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。


 


◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏


 


  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。


 


 


◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)


 



 


 


にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ


 


 


 

« 戦争のない時代は! | トップページ | 災害時の備蓄は! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦争のない時代は! | トップページ | 災害時の備蓄は! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス