« 2020年の羅針盤には! | トップページ | 訓練の積み重ね! »

2020年1月 4日 (土)

2020年が明けて!

56年ぶりに東京へ聖火がともる2020年が明けた。スポーツには世界と未来を変える力がある。東京五輪・パラリンピックの大会ビジョンである。昨年、ラクビーワールドカップで日本中が熱くなっただけに、その言葉に重みを感じる。


 


 


重みといえば、金、銀、銅のメダル。日本の獲得数が気になるところである。だが、メダルそのものにも注目したい。今大会の約5000個は、使用済み携帯電話などの都市鉱山から取り出した金属資源が原材料だからだ。


 


 


携帯電話などの回収箱を役所や学校へ設置することを全国各地で推進し、集まった結晶でもある。さらに表彰台は廃プラスチックを再利用する。これらの試みは大会史上初である。


 


 


レガシー遺産として後世に語り継げる取り組みだ。今大会を機に社会にも有形・無形のレガシーが数多く生まれるだろう。1964年の前回の東京五輪大会は、五輪特需を呼び、硬度経済成長の弾みに。


 


 


東海道新幹線や地下鉄、首都高速道路などが整備され、レガシーの象徴となった。それから半世紀余り。今回は成熟国家として迎え、共生、ユニバーサル、持続可能といった社会づくりが追求されている。


 


 


大会の大成功に万全を期すとともに、未来に誇れるレガシーの創出を作りだしていきたいものだ。


 


                      がんばろう!日本



◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ




« 2020年の羅針盤には! | トップページ | 訓練の積み重ね! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年の羅針盤には! | トップページ | 訓練の積み重ね! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス