« 母の日に! | トップページ | 走れメロスのごとく! »

2020年5月14日 (木)

障害の社会モデルは!

車イス利用者の前に狭い階段や座った位置では押しづらいスイッチなどがあると、これが原因となりバリア障壁となる。従って暮らしの中から、こうしたモノや要因を排除する取り組みが急がれている。


 


 


これは、障害者権利条約に盛り込まれた、障害の社会モデルという考え方。つまり、障害は個人の心身機能の制約と社会的障壁の相互作用によって創り出されるものであり、この障壁を取り除くのは国などの責務であるとされる。


 


 


その後、同条約は日本でも批准され、障がいの有無によって分け隔てられることなく人格と個性を尊重し合い、共生する社会実現への歩みが始まった。


 


 


そして、国際的潮流に合わせて、視覚障がい者らにとって読書しやすい環境を整える、読書バリアフリー法が昨年6月に施行される間もなく1年。今後5年間で国が実施すべき施策となる同法基本計画が公表される予定。


 


 


ここでは点字図書の継続的な提供や、音声読み上げに対応した電子書籍の普及、あるいはインターネットをりようした貸し出し体制の充実などが期待されている。文字・活字文化の恵沢を享受できる環境整備が、より進展することを期待したいものだ。


 


 


                     がんばろう!日本




◎ p.schoolは、通常のプログラミング・スクールではありません。
  
  ビジネス・教養・プログラミングを立体的に学ぶことで、



   実社会にて自分で構想でき、実現できる人材の育成を目指しています。



◎ これからのリーダーはトリリンガル。



  トリリンガルとは、母国語、英語に加え、



  第三の言語であるプログラミング言語の三つの言語ができること。




◎ 詳しい続きはこちら(親子で学ぶプログラミング)





◎ 1、 稼ぐ力を意図したカリキュラム



  2、 オンラインで学ぶ



  3、 親子で学ぶ



◎ 未来のリーダー、起業家を目指す子どもたちに早期にプログラミングを。



◎ プログラミングの概念を学ぶ入門偏



  プログラミング言語について、わくわく感をもちながら学び、ひととおり解かるようになる。




◎ 詳しい続きはこちら (親子で学ぶプログラミング)






にほんブログ村 その他生活ブログ 報告・レポートへ






« 母の日に! | トップページ | 走れメロスのごとく! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母の日に! | トップページ | 走れメロスのごとく! »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス