2011年4月 3日 (日)

花見の小説

花見の小説としては、日本文学の巨匠である谷崎潤一郎の「細雪」がその筆頭で

あろう。戦前の関西の裕福な家庭の4姉妹が主人公だから、花見といってもセレブな

花見であった。細雪ほどでなくとも、日本人は分に応じて花見を楽しんできた。

それが日本人の美意識を、形作ってきたのである。しかし、いま震災の被災者を

思いやって、花見自粛論が出ている。

そこで、節度をもって日本の美を楽しむことをするようにすれば、遠慮する必要は

なかろう。米国の首都ワシントンのポトマック河畔は、日本から贈られた3000本の

サクラの名所として有名である。3月24日には咲き始めたサクラ並木で「日本支援」

の黙とうが行われた。サクラの花には人の心を結ぶ力もある。

みなさんは、花見をどうされますか?

ホームページ http://kiyopihealth.the-ninja.jp

               http://kiyopihealth.yu-yake.com

               http://health.ashigaru.jp

              http://health.hariko.com

             http://health.onasake.com

              

メール         highbridgekiyopi@nifty.com

もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

キヨピヘルス